網上聯署

日本の商業捕鯨再開を非難する/強烈讉責日本重啟商業捕鯨!

petition_img

2018年12月26日,日本政府宣布退出國際捕鯨委員會(International Whaling Commission, IWC),並於明年6月30日生效。這意味日本將在7月便可在日本近海及日本專屬經濟區內重啟商業捕鯨。

因應IWC在1986年的商業捕鯨禁令,日本在1988年停止商業捕鯨,但一直以「科學研究」為名繼續捕殺鯨魚,被批評變相繞過禁令,過去十年多已有紀錄累積捕
殺4,577頭鯨魚。2014年,聯合國國際法庭也裁定日本「科研捕鯨」只是掩飾商業捕鯨的行為。

請即聯署,阻止日本政府破壞海洋生態。

-----

12月26日、日本政府はIWC(国際捕鯨委員会)から脱退すると発表しました。これにより日本は、来年7月から領海や排他的経済水域で、およそ30年ぶりに商業捕鯨を再開することになります。日本政府は商業捕鯨に向かい、海洋生態系保護を無視することは、我々は断固として非難します。

1986年IWCで商業捕鯨の一時停止が決議されて、1988年から商業捕鯨を中断されました。しかし、日本は鯨の研究するために調査捕鯨は商業捕鯨の隠れみのだった。過去10年間、鯨約4,577頭が殺されました/捕まえました。2014年、国際司法裁判所は南極における日本の捕鯨活動は調査捕鯨にあたらないものとの結論を下し、中止するよう要求しました。

すぐに請願する、日本政府の海洋生態を破壊する行為を阻止してください。

*
*
* 安倍総理大臣へ/致日本首相安倍晉三

2018年12月26日、日本政府はIWC(国際捕鯨委員会)から脱退すると発表しました。日本政府は30年ぶりに商業捕鯨を再開して、海洋生態系保護を無視することは、私は断固として非難します。

国連の持続可能な開発目標17項目によると、《国連海洋法条約》の規定に、海洋を保護すると持続可能な利用海洋資源の国際枠組みもある。例えば、捕鯨は必ず国際機関に適当な管理は必要すること、日本は一方的に国際間の反対意見を無視する、商業捕鯨を再開すれば、国際社会の非難を受けるのは必然的なことです。

わたくしは日本政府の海洋生態系の保全することを請願し、正式な商業捕鯨と商業捕鯨を隠れみのの科学研究をやめるべきです。

2018年12月26日,日本政府宣布退出國際捕鯨委員會(International Whaling Commission, IWC),本人強烈譴責日本政府重啟停止了30年的商業捕鯨,完全與國際對海洋保育的目標背道而馳。

聯合國17個可持續發展目標當中,有提及應按《聯合國海洋法公約》規定的國際法律框架,保護及可持續利用海洋和海洋資源,例如捕鯨行為必須透過國際機構進行適當管理,日本若單方面逆國際反捕鯨的聲音重啟商業捕鯨,必受國際社會非議。

本人強烈要求日本政府採取措施保護海洋生態,而非重啟商業捕鯨及再借科研為名濫殺鯨魚。

個人資料收集聲明
長春社會遵守和履行《個人資料(私隱)條例》。有關閣下的個人資料,將只用作發放本社訊息之用,讓閣下能了解本社的最新動向,包括本社的通訊、活動,環保工作,問卷調查及募捐活動。本社將會繼續透過閣下存於本社資料庫的通訊聯絡資料(包括姓名、電郵地址、通訊地址、電話、傳真及手機號碼),與您聯絡。
成為綠息份子,訂閱通訊